風神ウォレットマニュアル

仮想通貨を安全に管理するための風神ウォレットマニュアル

多署名アドレスを作る 機能

多署名アドレスを作る

多署名の構造は、多数人同時に資産を管理することを実現した。本当の意味で資産を共有である。また、技術的に現実化の難度があり、安全のため、庫神ハードウォレットは、ビットコインとライトコインなど部分的な通貨しか多署名を実現していない。その他の通貨は徐々に以降の版にサポートする。

特別に注意してもらいたいのは、多署名アドレス、candy受領も困難なので、必ず受領できることも保障できないから、強くブロックチェーンから枝となる前に、コインを普通のアドレスに保管することを勧める。

下に、簡単で如何に多署名アドレスを紹介する:

 

a . 多重署名機能をサポートする通貨を選択する。例えばドッグコイン。

b . “受領”画面に入り、右上のアイコンをクリックし、“私のアドレス”画面に入る。

 

 

c . “多署名アドレに”に切り替え。

d . 右上の“+”をクリックし,ポップアップした枠に“アドレス作り”を選択する。

 

 

e . 多署名アドレスの種類を設定して、つまりパートナーの総数を確定します。および署名の必要人数を確定します。種類の表現式はm-of-nであり、n人のパートナー共同でアドレスを連合生成します。毎回取引発生する際、m人のパートナーが署名して、取引が有効となる。ハードウォレットは最大7人のパートナーを支持できます。

注意:nは7より小さいか同じか、mはnより小さいか同じか。

 

 

f . 公開キー集め、すべてのパートナーの公開キーを集める。n-1人がおり、スキャンで入力できる。混乱を防ぐため、各公開キーに備考を追加することをお勧める。例えば公開キーの所有者の実名を備考し、その他のパートナーにアドレスを共有する際、公開キーと備考を一緒に導出する。

 

 

g . アドレスに備考を設置し、“確定”をクリックする。

 

 

h . 完成後、アドレス詳細ページからその他のパートナーにエクスポートする、またアドレスを削除することができる。

 

-多署名アドレスを作る, 機能

関連記事

支払請求

該当通貨の“受取”画面で金額を選択したら、自動的に請求支払QRコードは生成される。 QRコードはアドレス、備考と金額情報を含む。 相手はこのQRコードをスキャンすると、自動的にアドレスと金額などの情報 …

残高情報

該当通貨の“残高”画面で“詳細”をクリックし、残高詳細の画面に入る。 ビットコインなどUTXOにベースの通貨は、UTXOの数量、および各UTXOの金額を照会できる。 イーサリアム(ETH)系列は送信取 …

通貨と金額単位設定

デジタル通貨の未来発展と使用の容易性に基づき、一般的に各通貨は多数の金額単位がある。 例えば、ビットコインから公式的に四種類単位(BTC、mBTC,μBTC,Satoshi)を提供する。 これらの単位 …

送信記録

ハードウェアウォレットは1取引を送信する際、最後に風神APPで発送成功を確認したら、ハードウェアウォレットは残高を控除し、送信記録を保存する。 “送信記録”画面で、すべての取引記録を調べることはできる …

公開鍵簿

多署名アドレスを作る便宜上のため、よく使うパートナーの公開鍵を公開鍵簿に追加し、備考を設置する。 順序に“連絡先”―>“公開鍵”をクリックし、右上の“+”のクリックで新パートナーの公開鍵を追加する。 …