風神ウォレットマニュアル

仮想通貨を安全に管理するための風神ウォレットマニュアル

多署名アドレスを作る 機能

多署名アドレスを作る

多署名の構造は、多数人同時に資産を管理することを実現した。本当の意味で資産を共有である。また、技術的に現実化の難度があり、安全のため、庫神ハードウォレットは、ビットコインとライトコインなど部分的な通貨しか多署名を実現していない。その他の通貨は徐々に以降の版にサポートする。

特別に注意してもらいたいのは、多署名アドレス、candy受領も困難なので、必ず受領できることも保障できないから、強くブロックチェーンから枝となる前に、コインを普通のアドレスに保管することを勧める。

下に、簡単で如何に多署名アドレスを紹介する:

 

a . 多重署名機能をサポートする通貨を選択する。例えばドッグコイン。

b . “受領”画面に入り、右上のアイコンをクリックし、“私のアドレス”画面に入る。

 

 

c . “多署名アドレに”に切り替え。

d . 右上の“+”をクリックし,ポップアップした枠に“アドレス作り”を選択する。

 

 

e . 多署名アドレスの種類を設定して、つまりパートナーの総数を確定します。および署名の必要人数を確定します。種類の表現式はm-of-nであり、n人のパートナー共同でアドレスを連合生成します。毎回取引発生する際、m人のパートナーが署名して、取引が有効となる。ハードウォレットは最大7人のパートナーを支持できます。

注意:nは7より小さいか同じか、mはnより小さいか同じか。

 

 

f . 公開キー集め、すべてのパートナーの公開キーを集める。n-1人がおり、スキャンで入力できる。混乱を防ぐため、各公開キーに備考を追加することをお勧める。例えば公開キーの所有者の実名を備考し、その他のパートナーにアドレスを共有する際、公開キーと備考を一緒に導出する。

 

 

g . アドレスに備考を設置し、“確定”をクリックする。

 

 

h . 完成後、アドレス詳細ページからその他のパートナーにエクスポートする、またアドレスを削除することができる。

 

-多署名アドレスを作る, 機能

関連記事

送信記録

ハードウェアウォレットは1取引を送信する際、最後に風神APPで発送成功を確認したら、ハードウェアウォレットは残高を控除し、送信記録を保存する。 “送信記録”画面で、すべての取引記録を調べることはできる …

シード暗証番号バックアップ

ウォレットを作った際、シード暗証番号をバックアップしていないか或いは以前バックアップが棄損しているかもしれません。 必ず再度バックアップしてください。 順序に、“機能”―>“シード暗証番号バックアップ …

受取アドレス切り替え

イーサリアム(ETH)とNEMコインなどアカウントベースの通貨に対して、ハードウォレットは受取アドレスしか提供しない。 ビットコイン、ライトコインなどUTXO(unspent transaction …

QRコード生成

風神APPはQRコード生成機能を提供する。任意の文字を入力して、対応するQRコードを生成できる。この機能はアドレスとシード暗証番号QRコード生成に使用するとお勧めします。  

アドレスをエクスポートして、風神APPに送る

風神APPは“ハードウェアウォレット”機能を提供する。ハードウェアウォレットのアドレスをAPPに追加した後に、実時間にアドレスの残高を調べたり、送信状況を監視する。 本機能はハードウォレット内の全て資 …