風神ウォレットマニュアル

仮想通貨を安全に管理するための風神ウォレットマニュアル

多署名アドレス導入 機能

多署名アドレス導入

その他のパートナーは多署名アドレスをすでに作った(貴方から他人に自分の公開キーを提供した)。

ここから貴方もアドレスの所有者であり、該当アドレスをハードウォレットに導入して、取引構成に便利となる。

多署名アドレス作りの手数を参照し、第“d”ステップで“スキャン導入”を選択し、アドレス作った者から導出し、展示した多署名アドレスのQRコードをスキャンする。

 

-多署名アドレス導入, 機能

関連記事

公開鍵簿

多署名アドレスを作る便宜上のため、よく使うパートナーの公開鍵を公開鍵簿に追加し、備考を設置する。 順序に“連絡先”―>“公開鍵”をクリックし、右上の“+”のクリックで新パートナーの公開鍵を追加する。 …

QRコード容量設定

ユーザーは携帯電話のカメラの状況に合わせて、QRコードの容量を設定し、スキャンを容易にする。 順番に“設定”―>“QRコード容量”をクリックし、調節バーを移動し適切な値と合わせて保存する。 &nbsp …

通貨をアクティブする。(能動的にする)

新ウォレットを作る際、ハードウェアウォレットにデフォルトのある通貨しかアクティブしない。 その他の通貨(例えば、Rippleコイン、NEMコイン)はアクティブしてから正常に使えます。 “通貨管理”画面 …

自動的に最適手数料設定

ハードウォレットは、毎回残高を更新する際、風神APPから生成した残高情報QRコードに最適手数料(インターネット当時値)を提供する。 ハードウォレットは風神APPが推薦したものを使用するかどうか選択でき …

私の公開鍵照会

多重署名機能をサポートするため、ハードウェアウォレットはメイン公開キー、各アカウント体系(確定なシード暗証番号と支払暗証番号)に対応したメイン公開鍵を照会できる。 公開鍵はウォレット中の資産の安全に影 …