風神ウォレットマニュアル

仮想通貨を安全に管理するための風神ウォレットマニュアル

多署名アドレス導入 機能

多署名アドレス導入

その他のパートナーは多署名アドレスをすでに作った(貴方から他人に自分の公開キーを提供した)。

ここから貴方もアドレスの所有者であり、該当アドレスをハードウォレットに導入して、取引構成に便利となる。

多署名アドレス作りの手数を参照し、第“d”ステップで“スキャン導入”を選択し、アドレス作った者から導出し、展示した多署名アドレスのQRコードをスキャンする。

 

-多署名アドレス導入, 機能

関連記事

多署名取引を送信する

まず多署名アドレスを持ち、多署名アドレスにコインがあり、多署名取引を構成できる。多署名アドレス受取コインの残高などの操作は普通のアドレスと類似する。 以下、簡単に多署名取引を行うことを紹介する: &n …

残高情報

該当通貨の“残高”画面で“詳細”をクリックし、残高詳細の画面に入る。 ビットコインなどUTXOにベースの通貨は、UTXOの数量、および各UTXOの金額を照会できる。 イーサリアム(ETH)系列は送信取 …

私の公開鍵照会

多重署名機能をサポートするため、ハードウェアウォレットはメイン公開キー、各アカウント体系(確定なシード暗証番号と支払暗証番号)に対応したメイン公開鍵を照会できる。 公開鍵はウォレット中の資産の安全に影 …

QRコード容量設定

ユーザーは携帯電話のカメラの状況に合わせて、QRコードの容量を設定し、スキャンを容易にする。 順番に“設定”―>“QRコード容量”をクリックし、調節バーを移動し適切な値と合わせて保存する。 &nbsp …

QRコード生成

風神APPはQRコード生成機能を提供する。任意の文字を入力して、対応するQRコードを生成できる。この機能はアドレスとシード暗証番号QRコード生成に使用するとお勧めします。