風神ウォレットマニュアル

仮想通貨を安全に管理するための風神ウォレットマニュアル

多署名アドレス導入 機能

多署名アドレス導入

その他のパートナーは多署名アドレスをすでに作った(貴方から他人に自分の公開キーを提供した)。

ここから貴方もアドレスの所有者であり、該当アドレスをハードウォレットに導入して、取引構成に便利となる。

多署名アドレス作りの手数を参照し、第“d”ステップで“スキャン導入”を選択し、アドレス作った者から導出し、展示した多署名アドレスのQRコードをスキャンする。

 

-多署名アドレス導入, 機能

関連記事

メッセージ検証

この機能はあるアドレスのメッセージが正しいかどうか検証する。 これはメッセージにアドレス所有者に署名されるかどうか証明する。 “メッセージ署名”の手順を参照し、“メッセージ検証”画面を見つけて、アドレ …

多署名取引を署名する

多署名アドレパートナーから取引を起こした後、貴方はそれをスキャンして獲得した取引データに署名し、QRコードを生成して、取引を起こした人に交付する。 行う手順: a . 署名する通貨を選定し、右上のボタ …

安全ウォレット解錠

ウォレットを解錠後、容易に登録するため、指紋認証番号と支払い暗証番号を設定することをお勧めする。 順序に“設定”―>“安全設定”をクリックし、指紋認証番号と支払い暗証番号の起用と停止を切り替えて行う。 …

多署名アドレスを作る

多署名の構造は、多数人同時に資産を管理することを実現した。本当の意味で資産を共有である。また、技術的に現実化の難度があり、安全のため、庫神ハードウォレットは、ビットコインとライトコインなど部分的な通貨 …

多署名取引を送信する

まず多署名アドレスを持ち、多署名アドレスにコインがあり、多署名取引を構成できる。多署名アドレス受取コインの残高などの操作は普通のアドレスと類似する。 以下、簡単に多署名取引を行うことを紹介する: &n …