風神ウォレットマニュアル

仮想通貨を安全に管理するための風神ウォレットマニュアル

多署名取引を署名する 機能

多署名取引を署名する

多署名アドレパートナーから取引を起こした後、貴方はそれをスキャンして獲得した取引データに署名し、QRコードを生成して、取引を起こした人に交付する。

行う手順:

a . 署名する通貨を選定し、右上のボタンをクリックして、“多署名取引”画面に入る。

 

 

b . “スキャン署名取引”ボタンをクリックし、取引を起こした人から提供した取引情報QRコードをスキャンする。

 

 

c . 支払暗証番号を入力し、署名を成功したら、生成したQRコードを取引起こした人に展示する。

 

 

d . 取引を起こした人は、ラストステップで生成したQRコードをスキャンし、署名を集める。

 

-多署名取引を署名する, 機能

関連記事

安全ウォレット解錠

ウォレットを解錠後、容易に登録するため、指紋認証番号と支払い暗証番号を設定することをお勧めする。 順序に“設定”―>“安全設定”をクリックし、指紋認証番号と支払い暗証番号の起用と停止を切り替えて行う。 …

公開鍵簿

多署名アドレスを作る便宜上のため、よく使うパートナーの公開鍵を公開鍵簿に追加し、備考を設置する。 順序に“連絡先”―>“公開鍵”をクリックし、右上の“+”のクリックで新パートナーの公開鍵を追加する。 …

通貨と金額単位設定

デジタル通貨の未来発展と使用の容易性に基づき、一般的に各通貨は多数の金額単位がある。 例えば、ビットコインから公式的に四種類単位(BTC、mBTC,μBTC,Satoshi)を提供する。 これらの単位 …

通貨の隠し/展示

“私の資産”画面で右上に人の目に類似したボタンをクリックし、“通貨管理”画面に入る。 ある通貨を非チェックすることによって、この通貨は“私の資産”に展示されなくなる。    

多署名アドレス導入

その他のパートナーは多署名アドレスをすでに作った(貴方から他人に自分の公開キーを提供した)。 ここから貴方もアドレスの所有者であり、該当アドレスをハードウォレットに導入して、取引構成に便利となる。 多 …