風神ウォレットマニュアル

仮想通貨を安全に管理するための風神ウォレットマニュアル

多署名取引を送信する 機能

多署名取引を送信する

まず多署名アドレスを持ち、多署名アドレスにコインがあり、多署名取引を構成できる。多署名アドレス受取コインの残高などの操作は普通のアドレスと類似する。

以下、簡単に多署名取引を行うことを紹介する:

 

a . 通貨を選定し、“受信”画面に切り替え、右上のボタンを通して「私のアドレス」に入り、多署名アドレスに切り替えて、アドレスをクリックする。“発送”画面に入る。普通アドレス発送と類似し、目的アドレスと金額を記入して、“発送”をクリックする。

 

 

b . 発送確認:目的アドレスと金額および取引手数料を再度確認し、“確認”をクリックする。

 

 

c . “署名取引”画面に入り、画面上の操作ステップ順番の通りに行う。“代署名内容開示”ボタンをクリックし、その他のパートナーにスキャン署名を提供する。その他のパートナー署名の手順は“多署名取引”の部分を参照してください。

 

 

d . スキャンでその他のパートナーの署名を集め、アドレスタイプはm-of-nの場合、m-1署名を集める必要がある。

 

 

e . “発送”ボタンをクリックし、支払暗証番号を入力し、ウォレットを解錠して自分の署名を追加する。

 

 

f . 取引QRコードを獲得し、風神App使用して、QRコードをスキャンし、ブロックチェンネットワークにアナウンスする。これで1筆の多署名取引は完成する。

 

-多署名取引を送信する, 機能

関連記事

アドレス帳

取引をする際、便利に目的アドレスを入力するため、目的アドレスをアドレス帳に追加し、備考を編集してください。 順序に“連絡先”―>“アドレス帳”をクリックし、右上の“+”をクリックして、あたらしい目的ア …

QRコード生成

風神APPはQRコード生成機能を提供する。任意の文字を入力して、対応するQRコードを生成できる。この機能はアドレスとシード暗証番号QRコード生成に使用するとお勧めします。  

通貨をアクティブする。(能動的にする)

新ウォレットを作る際、ハードウェアウォレットにデフォルトのある通貨しかアクティブしない。 その他の通貨(例えば、Rippleコイン、NEMコイン)はアクティブしてから正常に使えます。 “通貨管理”画面 …

送信記録

ハードウェアウォレットは1取引を送信する際、最後に風神APPで発送成功を確認したら、ハードウェアウォレットは残高を控除し、送信記録を保存する。 “送信記録”画面で、すべての取引記録を調べることはできる …

安全ウォレット解錠

ウォレットを解錠後、容易に登録するため、指紋認証番号と支払い暗証番号を設定することをお勧めする。 順序に“設定”―>“安全設定”をクリックし、指紋認証番号と支払い暗証番号の起用と停止を切り替えて行う。 …