風神ウォレットマニュアル

仮想通貨を安全に管理するための風神ウォレットマニュアル

残高更新にQRコードの画面が多い よくある質問と解決方法

残高更新にQRコードの画面が多い

UTXO式の(BTC、LTCなど)ベースの通貨にはこのケースが起きる。アカウントベース(ETH、ETCなど)通貨は1ページQRコードをスキャンして残高を更新する。

UTXO型の通貨、日本円と類似する。

例えば、100円の買い物をする。100円コインがあれば、一枚を渡せばお買い物が終わる。

10円玉のコイン所持していれば、10枚を渡すしかありません。

また1円玉のコインを所持していれば、100枚を渡さないといけなくなります。

これは問題の所在である。

アドレスのUTXOが沢山あればあるほど(日本円の例と同じように)、送信のデータ量も多い。

1ページのQRコードが含めるデータ量は有限であるから、多ページで送信しかできない。

これは採掘者にとって災難である。プールに頻繁的に収益データを送信され、採掘者の受取アドレスに沢山の小金額UTXOが溜まってくるわけです。

風神APPは二つの仕組みでこの問題を解決するできるようにデザインしました。

小さい金額を濾過し、金額を指定して送信する。

送信画面で“高級”をクリックし、設定画面に入る。ビットコイン富豪リスト上のアドレスを探す。

アドレス金額141,975.78508559BTCは未処理のままでは、133ページQRコードを送信する必要がある。

 

 

小さい金額濾過:あなたのアドレスに多筆小額UTXOがある場合、これらの“粉末”を濾過し、ハードウォレットに送信しない。

以上で調べた結果を例にして、濾過額を1000BTC(この意味では1000より少ない“粉末”UTXOはハードウォレットに送信されない)に設定し、これによって288回UTXOは濾過され、ほとんどなくなり、23回のUTXOが残る。

11ページQRコードしか送信の必要はない。

送信金額は100804.02548504 BTC(まだ足りない場合、濾過額を小さくする)となる。

 

 

指定送信金額:あなたのアドレスに多筆小額UTXOがあり、残高も多く、少量の仮想貨幣を他人に送信したい場合、十分な仮想貨幣をハードウォレットに送信すれば目的を達成できる。

前に調べた例で言えば、1000BTCをハードウォレットに送信したいが、濾過後1回のUTXOしかない。

1ページだけのQRコードを送信する必要となる。

 

 

以上の二つの仕組み、風神APPはデータ量が最少の原則で最適なUTXO組合を探す。特別に強調したいのは、濾過してなくなる小金額と送信できていない金額が貴方のアドレス上にある。

資産は無くなることはない。必要の際、ハードウェアウォレットに送信し、外に送信できる。

-残高更新にQRコードの画面が多い, よくある質問と解決方法

関連記事

免責事項

1.お客様は風神ハードウォレットのシード暗証番号と支払い暗証番号を必ずバックアップして大切に保管してください。風神ウォレットの安全のため、またご自身のウォレットに所有権利を保障するため、弊社は貴方のシ …

不注意でコインをその他の通貨のアドレスに転送

仮想通貨にはいろんな種類があり、沢山の通貨のアドレスのフォーマットも同じである。 例えば、BTCとBCHのアドレス通用、ETHとETCのアドレス通用。 ご使用の際、コインを誤ってその他の通貨のアドレス …

ブロックチエーン分岐時のトラブル

コールドウォレットはアドレスの秘密鍵を導出できる。公式クライアントの秘密鍵式を導入できる。 本質上ユーザーがあらゆるcandy(無料配布)を受領できることを保証する。 ユーザーはご自分で秘密キーを公式 …

ハードウォレットの紛失、損害

もう1台の風神ハードウェアウォレット(購買または借用)に貴方のシード暗証番号と支払い暗証番号を導入して、すべての資産を取り戻すことができる。 シード暗証番号と支払い暗証番号が正しいなら、ウォレットのす …

QRコード識別難或いは識別できず

QRコードのページ数(+をクリックする)を増える。 同様な情報量では、QRコードのページ数が多いほど、単ページのデータ量が少ないからQRコードははっきりであるから、容易に識別できる。 注意:ページ数を …