風神ウォレットマニュアル

仮想通貨を安全に管理するための風神ウォレットマニュアル

「 よくある質問と解決方法 」

残高更新にQRコードの画面が多い

UTXO式の(BTC、LTCなど)ベースの通貨にはこのケースが起きる。アカウントベース(ETH、ETCなど)通貨は1ページQRコードをスキャンして残高を更新する。

UTXO型の通貨、日本円と類似する。

例えば、100円の買い物をする。100円コインがあれば、一枚を渡せばお買い物が終わる。

10円玉のコイン所持していれば、10枚を渡すしかありません。

また1円玉のコインを所持していれば、100枚を渡さないといけなくなります。

これは問題の所在である。

アドレスのUTXOが沢山あればあるほど(日本円の例と同じように)、送信のデータ量も多い。

1ページのQRコードが含めるデータ量は有限であるから、多ページで送信しかできない。

これは採掘者にとって災難である。プールに頻繁的に収益データを送信され、採掘者の受取アドレスに沢山の小金額UTXOが溜まってくるわけです。

風神APPは二つの仕組みでこの問題を解決するできるようにデザインしました。

小さい金額を濾過し、金額を指定して送信する。

送信画面で“高級”をクリックし、設定画面に入る。ビットコイン富豪リスト上のアドレスを探す。

アドレス金額141,975.78508559BTCは未処理のままでは、133ページQRコードを送信する必要がある。

 

 

小さい金額濾過:あなたのアドレスに多筆小額UTXOがある場合、これらの“粉末”を濾過し、ハードウォレットに送信しない。

以上で調べた結果を例にして、濾過額を1000BTC(この意味では1000より少ない“粉末”UTXOはハードウォレットに送信されない)に設定し、これによって288回UTXOは濾過され、ほとんどなくなり、23回のUTXOが残る。

11ページQRコードしか送信の必要はない。

送信金額は100804.02548504 BTC(まだ足りない場合、濾過額を小さくする)となる。

 

 

指定送信金額:あなたのアドレスに多筆小額UTXOがあり、残高も多く、少量の仮想貨幣を他人に送信したい場合、十分な仮想貨幣をハードウォレットに送信すれば目的を達成できる。

前に調べた例で言えば、1000BTCをハードウォレットに送信したいが、濾過後1回のUTXOしかない。

1ページだけのQRコードを送信する必要となる。

 

 

以上の二つの仕組み、風神APPはデータ量が最少の原則で最適なUTXO組合を探す。特別に強調したいのは、濾過してなくなる小金額と送信できていない金額が貴方のアドレス上にある。

資産は無くなることはない。必要の際、ハードウェアウォレットに送信し、外に送信できる。

QRコード識別難或いは識別できず

QRコードのページ数(+をクリックする)を増える。

同様な情報量では、QRコードのページ数が多いほど、単ページのデータ量が少ないからQRコードははっきりであるから、容易に識別できる。

注意:ページ数を調整したら、第1ページからスキャンして、順上に最後まですべてのページを完成する。

 

取引送信後確認来ない。

ビットコイン或いはETHの場合、取引手数料が低い所為で、インターネットが混みあうため確認が来ない。

このケースは、待つしかない。プールに頼んで、加速することも可能である(費用が高い)。

次回、取引を送信する前に、インターネットの混雑状況を確認し、最適な手数料を設定してください。

 

 

不注意でコインをその他の通貨のアドレスに転送

仮想通貨にはいろんな種類があり、沢山の通貨のアドレスのフォーマットも同じである。

例えば、BTCとBCHのアドレス通用、ETHとETCのアドレス通用。

ご使用の際、コインを誤ってその他の通貨のアドレスに転送するケースもある。

(例えば、BTCをハードウェアウォレットのBCHのアドレスに誤って転送した)

風神社はユーザーの資産を保護する理念からヘルパーAPPツールを開発した。

これらの問題を解決し、ユーザーの資産を取り戻す。

技術的に複雑のため、ハードウェアウォレットの資産を影響する可能性があるので、ヘルパーAPPツールはある部分の通貨の誤転入問題は扱える。

解決方法もブロックチェーンにより違うので、誤って転送したすべての資産を取り戻せると保証しない。

ここで、ユーザー様に受取と発送の時に、慎重に注意して、何度も通貨とアドレスを確認することをお勧めします。

このような問題が有った場合、風神アフターサービスにお問い合わせ下さい。

ハードウォレットの紛失、損害

もう1台の風神ハードウェアウォレット(購買または借用)に貴方のシード暗証番号と支払い暗証番号を導入して、すべての資産を取り戻すことができる。

シード暗証番号と支払い暗証番号が正しいなら、ウォレットのすべての資産のすべてのアドレスを回復できる。

それぞれのアドレスに対応する番号も変わらない。

ブロックチエーン分岐時のトラブル

コールドウォレットはアドレスの秘密鍵を導出できる。公式クライアントの秘密鍵式を導入できる。

本質上ユーザーがあらゆるcandy(無料配布)を受領できることを保証する。

ユーザーはご自分で秘密キーを公式クライアントに受領も可能である。

優質な通貨のcandyに対して、風神ヘルパーは第一時間にcandy受領をサポートする。

風神社が倒産したらどうする

まず、風神社は引き続きブロックチェーン資産の安全保存分野で努力していく。

ユーザーに最安全、最便利なウォレットソリューションを提供する。

実質的に貴方の資産はブロックチェーンにある。

秘密キーは資産を制御する唯一な証拠である。

ハードウォレットからすべてのアドレスの秘密キーを導出できるから、本質的にユーザーはご自身の資産を絶対的な所有権利を持つことを技術上から保障する。

風神社のサポートがなくても、風神APPが使えなくても、ユーザーは自行で秘密キーを公式クライアント(或いはその他秘密キーを導入できるウォレット)に導入すれば、対応するアドレス上のすべての資産を取り戻せる。

免責事項

1.お客様は風神ハードウォレットのシード暗証番号と支払い暗証番号を必ずバックアップして大切に保管してください。風神ウォレットの安全のため、またご自身のウォレットに所有権利を保障するため、弊社は貴方のシード暗証番号と支払い暗証番号を保存しません。このような仕組みであるため弊社は暗証番号の再発行サービスを提供しません。個人の過失でシード暗証番号、支払い暗証番号、庫神ウォレットを忘れてしまったり、盗まれたり、紛失による一切のリスク、責任、損失、費用などはご自身で負担して、弊社は一切責任を負いません。

2.法律上許容される範囲におけるいかなる場合でも、情報ネットワークの設備整備、情報ネットワークの接続障害、パソコン、通信または他のシステム障害、電力故障、天災地変、気象状況、火災、洪水、不慮の災害、疾病・障害、政府、法務省及び公共団体の行為・命令・政変、ストライキ、労働争議、戦争、爆発、暴動・謀反、生産性また生産物不足、不可効力の事由もしくは第三者の故意・過失によるサービス停止、遅延、またはお客様が損害を被られた場合など、当社は一切責任を負いません。

3.濫用、誤用または不正使用による損害について、弊社は一切責任を負いません。

4.弊社、弊社の実施許諾者または弊社の子会社はウォレットの機能がお客様の要求を満たすこと、ウォレットの運用に中断、損害が発生しないことは一切保証されません。風神ハードウォレットを利用したことに関連して生ずる一切の責任とリスクはお客様ご自身で負担して、弊社は一切責任を負いません。

5.法改正や政府規制などによる換金不能、大幅な価額変動、技術不安定など重大なリスクとそれにより生じた損失について、弊社は一切責任を負いません。

6.お客様が以下の事由により直接損失と間接損失を含むいかなる損害を受けられた場合、当社は一切責任を負いません。

  • 風神ハードウォレットと風神APPを利用したことに法律違反の疑いがあると弊社は合理的に認定する場合
  • 取引に重大な違法性があると弊社は合理的に認定する場合
  • 風神サービスを通して、いかなるデータ、情報を購買、獲得したことによる一切の損失、費用など
  • 風神サービスに対する誤解
  • 風神責任外に資産を盗まれ、紛失による一切の損失、費用など

7.第三者のウェブサイト、リンク、API、DAPPを使用したことによるリスク、責任、損失、費用などについて、弊社は一切責任を負いません。

8.取引変速機のサービスを提供しますが、取引送信後の一定期間に確認が来ることは保証されません。期間確認による責任、損失、費用などについて、弊社は一切責任を負いません。